読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くゎきごおり☆(パクり)

こないだクルグルで紹介されてたかき氷を食べてきました。
天然氷を使ったってやつです。
ブルータスのランキングで1位になったらしく、それを見たお客さんがけっこう来てる模様。
店に入ったら、「明日番組に出るんですよ」なんて話をしてました。

私はあずきがちょっと苦手なのでミルク宇治を頼みました。
(博が載せてたのはミルク宇治金時でしたね)
ほんとなんかふわふわしてておいしかったー!
すごく上品な感じでした。
ミルクが超入ってたので、今度行くなら少なめにしてほしいと思ったり。
抹茶だけでもおいしそうです。

なんかここの人がフレンドリーで、「何を見ていらしたんですか?」と客に聞いてるのですが、一緒に行ったY様が「ジャニーズwebって有料の携帯サイトで…」と!
さすがです!!
そうしたら店の方もすぐに「ああ、長野さんですね」と思い当たった様子
なんか、雑誌が出た週に寺門ジ○ンと一緒に来てたらしい。
仲いいな…ジ○ン…。
帽子をかぶってたんで他の人は気づかず、帰った後にその店の方が他の客に「今長野君がいましたよ」というと、客はびっくりして悔しがっていたらしい。
悔しがられる存在でよかった〜。

食べながら思い出したんですが、天然氷のカキ氷って子供の頃の憧れの食べ物だったんですよね。
多分少女向けの児童書でなんかのシリーズものだったと思うんだけど、出てきたんですよ話に。
夏休み、田舎の館?に住んでるお嬢様(お婆様?)のために最高の冷たいデザートを作れという依頼?を受けた主人公たち。
いろいろ凝ったものを作るのだけどお嬢様は気に入らない。
そこへ誰かが氷を持ってきて、それでかき氷を作るとお嬢様が泣き出す。
実はその氷は昔このあたりによく来ていた氷屋さんの天然氷で、それで作ったかき氷がお嬢様の思い出の味でずっと求めていたのだった…みたいな。
別の話も混ざってそうな気がするんですが、こんなんだったと思うな〜。
多分「どんなに飾り付けたものよりずっと贅沢で幸せなデザートなんだ」みたいな感じのことが書いてあって、「うわー食べたい!!」って憧れだった。
ずっと忘れてたんだけど食べてたら思い出して幸せな気持ちになりました。