読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

光一氏それは人斬り抜刀斎でござるか? の巻

巷で話題の「下弦の月」のPVを見ました。
なんだろう、この萌えと笑いが入り混じった気持ち…!!!
いやーでもかなり興奮しましたよあれは!
光一さんがあれを考えたのかーと思うとまた。
なんかこの人は「命をかけた決意」とか「それでも生きたいと全身全霊をかけてもがく姿」とかに燃えるのかなあ。とか思いました。
つか、最近の光一さん死にすぎ!
SMGOには「殺し合いを美学だなんて思ってない」ってあったけど、やっぱり魅かれるところはたくさんあるんじゃないかと思いましたよ。
個人的には別に滅びや殺し合いに美学を見出していてもいいんじゃないかなと思いますけどね。
それが現実世界に派生するわけじゃなくて、あくまで「美学」に留まってるなら。

光一さんの考えるそういう世界って非常にサブカル的?っていうのか、マンガとかゲームとかアニメとか、そんな匂いがする気がします。
別にそれがどうとかいうわけじゃなくて、その世界と相性がいいのかな〜って。
もともと「まんがに出てくる王子様みたい」と言われてる人ですしね。
獣王星との親和性も高かったし。
…光一さんがちょっとオタクっぽい、ってのもある気がするんですがどうですか(笑)

しかしね、あのPVはかなり「るろうに剣心」ですよね…。
萌えと笑いの「笑い」ってのは、これを思い出してってのも大きい。
てかこれこんな公式のお仕事だったのね。
ブログの写真だけ見てるといつものコスプレなのかなんなのかわかんなくなるよ。
相手の女の子もこれでよかったんじゃね?