読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャニーズ楽曲大賞2007

ジャニーズ

バニラ気分の先行は参加できてません…。
親戚の結婚式出てたから無理だった。
もう今年はだめかもしれないな〜とか思うと相当落ち込みます。

が、まあ落ち込んでばかりいてもしょうがないよね!ってわけで今年も投票しましたジャニーズ楽曲大賞2007。

以下、投票した曲とその理由です!
今年もまた、おっちゃん若い子達の曲がよくわかんないよ…。
けっこう偏ってるんですが、ご容赦ください。


■楽曲部門 なんとな〜く、1グループ1曲って感じで選んだ(笑)

・1位 Voyager 〜ボイジャー〜 /V6
私はこの曲が好きすぎる。
イントロから最後まで、とにかく盛り上げ盛り上げ、大きな広がりを見せるこの歌を聴いた時、すごく胸のあたりがぞくぞくしたのを覚えています。
おなじみHikariさんの曲ですが、これだけ最近の勝負曲をかいてもらっているのを見ると、彼の曲とブイの歌声の相性の良さっていうのを感じるような気がしますね。

あとこの曲、いろんな意味で「新しい旅立ち」の象徴の歌になりました。
いや、激動だったわ!

・2位 since 1997 /KinKi Kids
KinKi Kidsはこんなこともできるんだぞ、と見せ付けてくれた歌。
しかも、声で音楽を作っていくことを「前からやってみたかった」とか言ってくれるあたり、かっこよくてむかつくね!(笑)
ただこの曲でひとつ難点をあげるとすると、歌詞…。
悪くない。かっこいい。しかし、タイトルが「since 1997」でこの歌詞なのは、ファンとしては微妙な気分なんだって…。

・3位 ×〜ダメ〜タッキー&翼
ついつい口ずさんでしまう。
しかも、日常会話でも使ってしまう。
(↑これをやるとヲタク認定をうけると思うので、周囲の環境に注意しましょう)
振りもやりたくなってしまうし、魔物がすんでいる曲です。

4位 Hey! Say! /Hay!Say!7
昭和生まれを敵にまわした歌詞、「Hay!Say!」という掛け声、とにかくインパクト大。
文句を言いつつ、カラオケで歌うと超楽しい。
上の方のジャニファンにも、「平成生まれ」を認識させ、若い子をもっと出したいんだな〜という意向を知らしめた…。

5位 We can make it! /嵐
はじめて聴いた時、「嵐いい歌もらっててずるい!」と思いました。
前向きになれるし、不思議な爽快感がありますよね。


■PV部門HONEY BEAT /V6

平均年齢30でも、こんなかわいいPVを作ってもらえるなんて…と涙しました。
「姿は見えないかもしれないけど、僕らは君たちのことをいつでも応援してるよ☆」って、アイドルの本質を表してるんじゃないか?と。
ていうか、もうあれですよね。それって神様(笑)
まあ、どっちかというと、このPVのブイは天使とか妖精とかそんな感じだけど…。
(痛くてすみません)
ドラマ(?)パート、ダンスパート、歌パート、そして学ランと、何もかも楽しめる、どこを切り取ってもおいしいPVでした。

■ディスク部門φ /KinKi Kids

私たちが求める「KinKi Kids」を軽々と超えて、新しいものを見せてくれた1枚。
この先にあるのはなんだろう?っていうのが、楽しみでもあり怖くもあり。
キンキの最大の武器、「音楽」を全力で振り下ろしてきたって感じですね。

■未音源化部門:該当曲なし
思い浮かぶのがなかったなー。
昔のだったら、負けたらアカンとか会いたいよとかイノのチャリンコソング(名前忘れた)とか思い浮かぶのですが…。

■自担部門長野博
まあ、この人だよな(笑)


余力があったら他の曲についても書きたいと思いつつ、とりあえず今年はこんな感じです!