読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学校へ行こう・卒業式SP

やっと、学校へ行こうの卒業の回を見ました。
総集編、2時間じゃ足りないよー。
最後のBelieveは、反則。
博ソロの音程が不安なのも、反則。涙ひっこんだわ!

私は、10年間この番組を見ていて、そのうちの7年分くらいは、ビデオとDVDで残っているわけですね。
おそろしい…。

中学生の時は、まだV6ファンではなかったのですが、「学校へ行こう」という番組が本当に好きで、
学校に「未成年の主張」を呼ぼうとTBSに手紙を出して、電話がかかってきたんだけど、校舎の配置の関係上で結局ロケが来なくてがっかりしたなあ。
美術の授業で、チームを組んで絵本?かなんかを作る時に、6人のキャラクターを使ったものを作ったり…(マーサ坂本、大袈裟先生、拙者イノハラ、ハードボイルド刑事、エンジェル三宅、少年オカダ…だったような)
どう考えても黒歴史

あと、3年生を送る会で、生徒会執行部の出し物として、少年オカダのパロディをやった。
背の小さかった生徒会長がランドセルを背負って、体操を習ってた子がオカダの役をやって、
「話をまとめますと、少年○○がバック転をやったら、△△ちゃんは牛乳が飲めるようになるんだね?」という展開で、バック転してもらった(笑)
友達のお姉さんがブイファンだったので、少年オカダの登場シーンのラッパ音と紹介シーンの音をTVから録音してもらったんだけど、私は妙に緊張してしまってラッパ音しか流せなかったのでした。
当時の私はキンキのみのファンだったので、「少年ツヨシ」が少年オカダと一緒に載っているManishかなんかの切抜きを見て衣装をこしらえたんですよね。
オカダのパンツは、本当は赤いパンタロンみたいなやつだったんだけど、なかったから赤ジャージで、ヘルメットも自転車通学用のだったけど、それなりに見えたから不思議でした。
卒業アルバムにも載ってた…懐かしい。

まあなんか「私と学校へ行こう」みたいな話になってしまいましたが…。
それほど、影響力を持った番組だったと思うんです。
あの頃の思い出があるから、ファンになってからも、たとえファンが楽しめない企画でも番組さえあればいいと思ってたし、5つ微妙な企画が続いても、次の1つが面白かったらいいと思ってました。
でも、やっぱりそれじゃだめなんですね〜。
だからといって、イチファンができることなんて全然ないですけども。

みのさんが言っていたように、また会えることを祈っています。
改編ごとにSPとか…無理?
11年間、お疲れ様でした。
学校へ行こう、本当に大好きな番組だったよ。