読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3回目

はー今週も疲れたわあ。
そんな中、3回目です…また見てきました「超ウルトラ8兄弟」。
どうしても「超決戦!ウルトラ8兄弟」って書きそうになる。
公式サイトとか見ようと思って、何回も「超決戦」でググってドラゴンボールが出てきた。

昨日は新宿ピカデリーで見てきたのですが、一番おっきいとこでやってるみたいな情報をみかけたから楽しみにしてたけど、あれは初日(初めの週?)だけだったんですね。
まっそりゃそうか。でも、満員になってたからちょっと嬉しかったです。
一応ジャニ友と見てきたんですが、片方の隣は特撮ヲタらしきオッサンで、いいシーンで漏れなく鼻息が荒くなるから、気持ちはわかるけど抑えてー!!とアドバイスしてあげたくなったよ。

それにしてもお子様達は元気なもので、上映中暗闇でいちいちウルトラマンのポーズをとってたり、エレベーターでもポーズをとってたり、ギガキマイラのカードをまじまじと見つめて「…すっげー!」ってつぶやいてたりと、「いい反応だなあ」と思いながら周りを観察してしまいました。
あのゲームのことはよくわからないけど、たぶんギガキマイラよりもダイゴのカードのが強いんですよね?
お母さん!今すぐamazonでCDの注文を!!

それにしても、小さい男の子は本当にウルトラマンの戦いが好きなんだな〜と思って、自分のことを振り返ってみたのですが、戦いに興奮した記憶があまりない…。
○○レンジャーとか好きだったんだけど、何が好きかって言ったら変身前のドラマパートみたいなところが好きだったわけで、「こういう技で勝った」「こういう戦い方をした」っていうのには、あんまり興味がなかったような気がします。
ティガに関しても、好きな回であってもさっぱり戦い方を覚えていない。

たとえば、「悪魔の審判」だって

なんかティガがピンチになった

倒れこむティガに、人間が光を集める。
懐中電灯、車のサーチライト、そして何より人々の声援…それらがすべて集まり、ティガを動かす。
必死に片手を伸ばすティガの姿は、画面前方にある絵画「アダムの創造」の姿と重なっていた…。

なんかいつの間にか勝った

これくらいの認識の差…。
特撮は向いていないのかもしれない…。

しかし、V6メンバーはやっぱりティガ見たことないんですかね…?
あんなにいい場面で、自分達の曲が流れてるのに、見ないの勿体ないよ〜!

しかし、ファン成り立てだった頃に見たティガ本編と、今回の映画を比べると、私の博ファン暦が少し鑑賞を邪魔しているような気がしてならないのです。すみません。
だって、「おっ博だ〜♪」って感じで見ちゃうんです。
ティガ本編を追っかけてた時は、博がティガってかダイゴについて語ってるのを目にすることもほとんどなかったし、容姿も当時と変わってたし、ダイゴと博は別人格くらいに思ってたんだけど、今回の映画は明らかに今(ちょっと前だけど)の博。
そしてスーツ…。
博じゃ〜ん!みたいな…。

また、本編のダイゴは1話からティガで、自分がウルトラマンだってことが言動のもとになってたりするから、今回のパラレルなダイゴは、ダイゴだけどダイゴじゃない…みたいな妙なもやもやがあったりもして。
3回目にして、やっとダイゴがダイゴになる「覚醒の物語」を楽しめたような気がします。
萌えどころは最初からたくさんあったんですが…(笑)