読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トニ愛と坂本君とパイナップル

もし"HONEY"で掛け声をつけるなら…
イノパート、坂本パートはユメモ方式だなあと思う。

あの日君に恋をし〜て♪(イノッチー!) みたいな。

そうすると博パートは…

ヒーロシ、オイッ!

しか思いつかないわけですが…(パン、パパン、フー!のリズムです。念のため)
ユメモandロマモ!
去年も本人達がヲタ芸やってたから、今年も本人達が声を入れてくれたらいいんじゃないでしょうか。
な〜がのっひろティー!とか言って。

…いやいやいや無理…ファンが無理。
てか、これだと、「イノッチー」の部分も促音が言えなくて「イノチー!」になっちゃいそう。

本当に、こないだっからトニ愛がやばいですよ〜。
これは、DVD通常版のコメンタリーのせいだと思います。
(ネタバレにつき反転)
コメンタリーなのに脱いじゃうイノとか、そのパンツがスカイブルーとか
腰がすごくて「杉本昌行」呼ばわりされる坂本君とか、むしろ「坂本彩」になって「それ俺じゃねーじゃねーか!」とか
かたくなに作曲を拒む博とか…
やたら前回のコンサートを反省してたり…。

トニかわいすぎる面白すぎる。
大御所のVTRは、「自分の部屋で一人で観るもんじゃないわ…」と思ってたら、本人達も「あー…」と思ったみたいで「これはコンサート会場で見るもんですからね!」と弁解しはじめたので笑った。
大勢で見るのが楽しいんですよね!でももう慣れたから一人で観てても
楽しいよ。

今日は、坂本君のパイナップルについて考えていました。

坂本君は、果たして、「2009 20th Century Concert tour」のグッズのデザインをしたのだろうか?

デザイン、というのは、ある程度論理的にできていると思う。
普通のデザイナーさんであれば、そこには「ターゲットが誰で」「どんなもので」「どんなコンセプトなのか」等々の情報を元にデザインをするでしょう。
そこで出てきたものは、たとえば「V6」だからこれ(V6という文字を使ったロゴデザイン)、Voyagerだからこれ、VIBESだからこれ…といったように、何らかの意図や「表したい核となるもの」をイラストや色やなんやかんやで具現化するということだと思います。
そこへ来て、我らがリーダーはというと…


パイナップルキーホルダー
※これは私がうろ覚えで再現したイメージ画像です

それ、坂本君フツーに絵を描いただけじゃね???
みたいな。

「HONEY HONEY HONEY」というツアータイトルが決まってなかったことを差し引いても…なぜ、トニセンのコンサートグッズでパイナップル!
はーだめだ、考えてると、坂本君の無邪気さがおかしすぎてかわいくてニヤニヤしてしまう。
これは、よっぽど「自分の絵」が受け入れられるか、もしくは「自分自身」が受け入れられるかの自信がなければ出せないんじゃないか?と思う。

そう考えると、ケリーはエンドリケリーというモチーフ、そしてsankakuくんというキャラクターをうまく使っていたな〜という印象。
しかし…ケリーもそうだけど、ジャニーズの人たち、特にアーティスト志向(これを別の言い方にしたいのですが思いつかない)が「創る」ものというのは、一種のカウンターカルチャー(?)のようなものなんだろうか?と思っていたのですが、坂本さんは自由ですね。
「ジャニーズ」という、大きな枠組みの中で「本当の自分を知ってくれ!」「俺の生き様はこれなんだ!」って叫んでいるような人が多いなあと思っていました。
歌も、詞も、ステージパフォーマンスも、舞台も、絵も。
「自分自身はこうである」ということを表したいものなんじゃないかと。

しかし、坂本君は……

パイナップルキーホルダー
※これは私がうろ覚えで再現したイメージ画像です

俺(もしくは、俺たち)はパイナップルのように、ちょっとトゲトゲしてるけど、中身は意外にみずみずしくて、ちょっとすっぱいけど甘さもあって、昔は高級な果物だったんだぜ!!
…とか言いたいわけじゃあ、ないよね?
(言いたいんだったら、すみません)

なんとな〜くですが、一度別の仕事についてから、それでもジャニーズを選んだことや、今やりたいこと(ミュージカル)がジャニーズアイドルの「歌+踊り」というパフォーマンスと親和性があることや、デビュー最年長記録の保持者であることなどがあって、坂本君は「ジャニーズ事務所のオレ」をまるごと受け止めているのではないかと思ってます。
だからこそ「自分を表現する」ことから、自由でいられるのではないか。
ここにいたるまで、色々あったかもしれないけど…今坂本君の雰囲気がすごくいいのって、ある程度楽に息をしながら自分らしく生きていられるっていうことなのかな。

何の理論もなくて、今現在思ったまま書いてるだけなので、勘違いしてるところも多々あるかと思いますが…。

いやー正直坂本君についてこんなに頭使ったの初めてだよ。
坂本君って、絵を描くとき何考えてるのかな〜。
「これを描きたい!」っていう衝動はどこから出てきてるんだろう?
今までのV6のコンサートも(トニセンも?)、坂本君がたたき台作ったりしてたんですよね。
坂本君不思議だなーなんか。