読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生最後の一曲

人生最後…自分のお葬式で曲を流すとしたら、どの曲がいいか?
そんな話で盛り上がった先日。

ニノファンの友人は、もう「台風ジェネレーション」しかないよね〜という話だったのですが
(「じゃあ、行って来る・・・」とニノの語りが入るから)
自分どうしたいかな〜と考えて、その場では結局別の話になっちゃったんですよね。

ふと、思い出して考えてみたのですが、真っ先に浮かんだのはV6の「羽根〜BEGINNING〜」。
やはり、2003年の、雨に映し出された虹の中に浮かぶ6人の姿が忘れられません。
あんな感じで、おくられてくのどう?

あとは…光一さんの「In the Cemetary」とか!
いんざ〜せ〜め〜た〜り〜〜♪って、お前まだ墓の中ちゃうやん!的な。(エセ関西弁)

ジャニ以外だったら…たまの「ハダシの足音」とか。
どう考えても「室温」の影響なので、ジャニ以外と呼べるのかあやしいわけですが。
オリオンビールの唄」でもいいなあ。

舞台つながり(?)でいえば、プロデューサーズの「Goodbye!」とか…
あ、OZのリオ!!って感じでもいいかもしれない。

グループ魂の「大江戸コール&レスポンス(弔辞)」…は、多分ダダすべりするでしょう。
こないだ「ヘブンズドア」見てなぜか号泣したので、「Knokin'on〜」でもいいかな。

あー、候補がたくさんあって決められません。
いっそKis-my-calling(笑)あの歌のハイさは、天国みたいだし。

どの歌でも、できれば舞台や映画やコンサートが終わる時みたいな、ちょっとさびしいんだけどお腹いっぱいで幸せ〜みたいな気分になるようにしてもらえると嬉しいですね。


ちなみに、この質問を会社の同僚に投げかけてみたところ
「まず、自分の葬式が想像できないからわからない」といわれてしまった。
なんという現実的感覚の持ち主…!
見習いたい…