読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イマジネーションスタジオ

会社の人の送別会で結局オールになり、朝早く動き出した電車に乗って着いた駅から自宅までふらふら歩いていた5月9日午前5時半。

「これ、どうぞ」

急に、隣を通り過ぎた自転車に乗ったおじさんが私に何か、カードのようなものを手渡しました。
条件反射で、「ありがとうございます」と言ってから何事!?と思っておじさんを見やるも、既に自転車は視線のかなた。
手元のカードを見ると、なにやら名刺のよう。
そこに書かれていた文字は・・・

「針・マッサージ承ります
 鍼灸師・マッサージ師
 ○○○○ 」

わあ、ありがとうございまーす!!!

しかし、昔は「デビュー当時の坂本君はお酒ばかり飲んでいて」という話を聞いて「坂本くんったら〜」と思っていたものですが、今、当時の坂本君と同じ歳になってみると
「まー、そういうこともあるよね…」って感じですよね。

そんなこんなでふらふらになりつつも行ってきました

ソニービル「おと・な・り イマジネーションスタジオ」

岡田の写真展示目当てだったんですが…
これ、デジタルフォトアルバム的な感じの、展示なんですよね。
液晶画面に、一定時間のスライドでガンガン流れていってしまうので
じっくり見ることができず消化不良…。
ここでしか見られないという特別映像も、なんとなく見るのがめんどくさい…
あんまり音がよく聞こえないんです。
岡田の表情は良かったけどなあ。

ちょっと期待はずれかなーと思ってたのですが
「イマジネーション体験スタジオ」は楽しかった!
sonyの「α」を自由に体験できて、しかも撮った写真をその場でプリントできるの。
友達と一緒に写真を撮りまくって、たのしかったです。
えーと主に、パネルの岡田と一緒に写真を…(笑)
一緒に行った友人はさすが古今東西の少女漫画に詳しいだけあって岡田のほっぺたをつん♪としたり、内緒話をする感じで撮ったり、照れもせずに素敵なシチュエーションを作り上げていて爆笑。
私はというと、「このこの〜」って感じでひじで突っついたり
頭をぺしっと叩いたりするポーズで「どこまでもファン気質でしかないね」という評価をもらう。
すいません…。
ていうか、あのパネルはこういう使い方でいいんですかね?ほかに客があんまりいなかったので、わからなかったけど…。
てかほかに客があんまりいなかったからいいよね??

それにしても「α」楽しかったなあ。
すごく欲しくなってしまいました。
ぱしっと一瞬でキメ写真が撮れるので、楽しいんです。
しかしよく考えても、そんなに一眼レフを持ち歩いて何かを撮るようなタイプでもないので、我慢しようと思います…。

以下拍手お返事です

>rinriさん
そうだったんですか!ありがとうございます。
「愛なんだ」って、なんとなく予想してたよりも前でした…!

>伊波さん
今年もぜひ行きますよ!
夏コン自体のお知らせ、いつごろくるんでしょうか…ね