読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Love-tune結成から半年とちょっとを振り返る(前)

いつの間にかJr.ユニット乱立時代となっていたこのご時世に、新たに現れたユニット・Love-tune。2016年3月4日に突如として名前が発表されたのちに、メンバー増員等でおたく界隈を騒がせ、現在7名で活動しています。この半年、と1か月とちょっと、ファンの心をワクワクざわざわとさせながら駆け抜けたLove-tuneの動きを振り返っておきたいと思いました。Love-tuneのはじまりを、ちゃんと残しておきたい。

 

と、ちょっとセンチメンタルな感じで初めてみましたが、要は、絶対忘れるからね……。本人たちもおたくも時が経つと記憶がめちゃくちゃになるというのはV6のデビュー時について調べていた時によくわかったし、むしろすでに忘れそうになってるので、現場が落ち着いたところでいったんという気持ちです。バリバリ主観&淡々&ブツブツと語ってるのでよろしくお願いします。

参考までに現行のJr.ユニットの結成年を並べるとこんな感じ。2015年5月のSixTONES結成以降、1年でユニット激増。7ユニット増えてるのやばい。

MADE:2001年 ※現メンバーは2008年5月
They武道:2008年
(Mis Snow man:2009年1月)
ふぉ〜ゆ〜:2011年4月
Travis Japan:2012年
Snow Man:2012年
SixTONES:2015年5月
Mr.KING:2015年6月 ※当初はMr.King VS Mr.Prince
Prince:2015年6月
HiHi Jet:2015年10月
天才Genius:2015年12月
Classmate J:2015年12月
Love-tune:2016年3月 

そしてLove-tuneというグループについてはこちらの素晴らしい記事を参考に……。

plan-j.hatenablog.com

 

2016年2〜3月

  • 2月6日 真田佑馬『コインロッカー・ベイビーズ』出演発表
  • 2月22日 「ジャニーズ銀座2016」メンバー発表(Cクリエ:安井、真田、森田、萩谷)
  • 2月25日 安井謙太郎『三婆』出演発表
  • 3月4日 クリエ当落発表&Love-tune名前発表
  • 3月17日 雑誌『女性セブン』でラブトゥーンだと明かされる ※”J7”として現Love-tuneメンバー掲載
  • 3月20日 安井謙太郎 NHKラジオ『らじらー!サタデー』パーソナリティ発表
  • 3月30日 週刊『TVガイド』Love-tune結成時の話が出る
  • 3月30日 『ザ・少年倶楽部Love-tune名前が出る

2月に発表されたクリエCメンバー*1にまさか、まさか名前がついた!! という衝撃の展開。確かにJr.の世は空前のグループ乱立時代。ジャニワで多くのグループが活躍しているのを見て切ない気持ちになり、安井はどうなっちゃうの……と思っていたのが、こんな唐突に叶うなんて思ってもいませんでした。なぜ名がついたのかは、その後ちょこちょこと語られるように。

安井:まぁびっくりしたよね。レッスンしてたらジャニーさんが来て、「安井〜」って言われて。で、行ったら「名前を悩んでるんだけど」って。(週刊『TVガイド』2016年4月8日号)

萩谷:ジャニーさんが29日から始まるコンサート「ジャニーズ銀座」のポスターを見て、グループ名がないことに気付いて考えてくれました。(読売中高生新聞 ジャニーズJr.の小箱 4/29)

 いやいやそんなゆるい感じ!? そしてジャニーさん、重要な時はYOUじゃなくて安井って呼ぶの? こうやって改めて振り返ると、真田・安井とお仕事決定ラッシュだったんだけど、そういうのは関係あるのかないのか。

発表から2週間くらい”ラブチューン”だと思ってたら読み方が”ラブトゥーン”だと発覚したのが『女性セブン』。クリエポスター以外で最初にLove-tuneという名前が出たのが、現7人メンバーが”J7”という煽りで登場した『女性セブン』だったんですよね。ちなみに、この7人は2015年12月にも女性セブンに出ており、予告でJ7と書かれて話題になったけど、記者座談会記事によれば、単純に「女性セブンが2016年に注目するJr.7人。神セブン的な???」という話らしい。今や、そのメンバーで7人組になっちゃってるんだからすごい。

・4月

  • 4月6日 NHK BSプレミアム『ザ・少年倶楽部』春休みSP「粉もん」で「Love-tune」のテロップ
  • 4月9日 TV朝日『真夜中のプリンス』開始
  • 4月18日 サマステ ジャニーズキングダム出演発表(後に、ジャニーズキングに名称変更)

ここら辺は少クラ、雑誌、真夜プリを中心に、4-tuneで割と穏やかに過ごしていましたね。真夜プリ、発表時ではPrince+ClassmateJという座組だったのに、なぜか今もPrince+らぶ4でまわしてるのは、やっぱりガムシャラで培った安定感を買われたのだろうか。ジャニーさん判断なのか、事務所の他の人判断なのか、局側の判断なのか、など地味に気になるところです。ちなみに、番組自体はジャニーさんがPrinceに「YOUたちで新番組やっちゃえばいいじゃん」といってできたらしい。

Love-tuneとして少クラで色々と曲も披露してくれました。2015年のドリボ後はほぼ4人くくりだったし、ユニ名がついたからといって「この4人でデビューって……ないよね!?」とは正直思っていた。でもこの4人が離れずにすむのはよかったな〜、これから色々できるといいね、って浮かれていた。4人って人数少ないから、PrinceとくっついたりKINGとくっついたり、トニセンポジでワンチャンなくもないんでは、とかすかなかすかな期待も持ってました。 

5月

  • 5月6日 クリエ初日(4人)
  • 5月21日〜22日 クリエにSPゲスト登場
  • 5月23日 NHK BSプレミアム『ザ・少年倶楽部』収録(4人)
  • 5月31日 クリエ千秋楽(7人+ゲスト)

いやー、事件でしたよね。初日で何度も「次変わってるかもよ??」って言ってたのフラグすぎた。歌舞伎との兼ね合いもあったのか、そもそも日程も飛び石でイレギュラーだったじゃないですか。いつから何がどう決まっていたのか謎すぎる。

21日の率直な感想。

これに尽きる。あと、モロの盛り上げ力、長妻の長身ダイナミックアクロバットにもびっくりした!

6日の4人クリエ、これはもう今振り返ったら、最初で最後の4人だけのステージだったんだって涙が出そうになるけど、終わった後は「もっと新しいものも見たかった」という話もしていて。実は21日にがらっと変わったステージを用意してたんだから、むしろ6日のクリエだけでしかやってない曲を何曲も何曲も用意して構成してたのがすごかったんですね。

21日からは毎日SPゲストの紹介の仕方も変化してて、22日からモロは紹介されず最初からしれっと出てくるし、ゲストに高橋颯くんも加わり、谷村の名前も呼ばれたりして、混乱に次ぐ混乱であった……。

 

でもまあ7人なんだろうな〜と思えたのは、途中で披露していた、ジャニーズWESTの『なにわ侍!ハローTOKYO』のパロディのような*2コント風の流れ「Love-dogs」で、「現在の4人に加えて必要なのは顕嵐、長妻、諸星」と明言されていたから。途中も7人がメインのパフォーマンスだったし、アンコールで歌ってたのは「SEVEN COLORS」でしたし。
6日に「変わるかもよ?」と匂わせておき、21日の増員で混乱する会場に、途中のコントで「俺たちが売れる*3には何かが足りない! モテる奴が必要だから顕嵐! アクロバット長妻! そして(モロササイズで会場を一つにした)諸星!」って理由まで出して納得させようとしてくるのが本当にすごいなと思いました。ただ、このコントの入りが「これからみなさんを不思議な世界へお連れします…」って雑すぎたことはめっちゃ笑った。

 

巷で「テコ入れ」と言われているのを見てくそ〜と思ったりもしたけど、正直「メンバー増員されるくらい、気にかけられてたの?」というのも驚きでした。しかも明らかに売れそうなメンバー入れてきたな! みたいな。3月に名前がついた経緯を知った時に「ゆるっ!!」って思ったし、いったいどこまで正式なユニットとして見ていいんだ? とも思ってたので、「売る気あったの!?!?」とびっくりした!!

すでに5月時点で7人のLINEグループができてて、20日の夜に真田から熱いメッセージが送られてきてたとか話されているのを雑誌で読んで、本人たちのほうが先に7人を受け入れてたんだとは思うのですが、クリエでは絶対に「7人でLove-tune」と言わなかったね。しかも雑誌の取材が入ったのは6日の初日のみだから、初めての7人公演の記録が残っていないのも切ないところなんですよね。本当にまだ、固まりきっていなかったんだろうな。

 

というわけで長すぎますよね???? 後編に続く……。

 

sasagimame.hatenablog.com

*1:厳密に言えば、なにわ侍やらオーシャンズやらドリボやらみたいな流れもあると思うんですけど、そこらへんは私もちゃんと追ってないし、キリがないので割愛します

*2:ここで「粉もん」歌ってるし、確信犯だろ

*3:コント上、売ってるのはたこ焼きだったけど