読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

V6鹿児島コンサート・MC

いつも以上に超・てきとーです。
ニュアンスでくみとってください。

☆初鹿児島
口々に会場のみんなとの距離が近い!と言うメンバー。

長「剛なんて蝋人形みたいになってたもん」
森「どうしていいかわからなくなるね」
井「俺、ファンの子と握手するのかと思ったら腕こんなんなって(後ろでにひねられた感じ)」←武芸みたいな。危ないよ〜…。
長「達人がいたんですかね?」

鹿児島アリーナに来るのはジャニーズ初、という話題で客が盛り上がってました。
これからも皆さんが呼んでくれれば、今日盛り上がってくれれば、また来れるかもしれないとか言ってて、鹿児島公演が1日になったことを思い出し複雑な気持ちに。
トニセンはラジオの公録で鹿児島に来たとかも言ってたかな。

☆寄付金
井「そういえば甲子園もすごかったんだよね鹿児島。鹿児島工業高校。実はうちの父親の出身校なんですよ」
長「もう地元(実家?)みたいなものじゃないですか」
井「そうそう。それで、1回戦勝ち抜いた時点で父親に寄付してくださいって電話がかかってきたらしいんです。父親は『寄付は自分からしたいから、2回戦も勝ち抜いたら考えます』って断って。そしたら相手は『これはOBの中でも選ばれた方に電話しておりまして、ぜひとも寄付をしていただければ…』なんて言われたらうちの父親も『あ、そう?』って悪い気もしなかったみたいなんだけど、『やっぱりお金が絡むことなんで、自分から寄付するか決めます』って断ったんだって。相手も最後には『寄付しろよこのやろう!』ってなっちゃったらしくて」
誰か「ほんとに!?」
井「ほんとほんと。最終的には断ったんだけど、実はそれ振り込め詐欺だったらしいんですよ」
メンバー&会場「えー!?」
井「そこまでされたんで、本当に(鹿児島工業に)寄付することにしたらしい」
坂「いい話じゃねえかよ!」

よく考えると笑いごとじゃないんだけど、イノのお父さんは笑いながら話してた…とかも言ってました。

☆グルメ話
井「鹿児島にはおいしいものがたくさんありますよね」
長「黒ブタとかね」
井「なんでブタだけ強調したんですか今」

井「福岡でなんだっけ?水炊き食べたんですよ。鍋みたいな感じで。長野君の箸があんまり進んでなくて、どうしたんだろ、食欲ないのかな?って思ったら2軒目行ってた!」
長「え、普通はしごするでしょ?」
井「しないよ!」
長「でも良く見てるね(笑)」
三「ちなみに俺も気づいてたよ。『あー長野君セーブしてんな』って(笑)」

井?「長野君お店の人に野菜入れるタイミング超聞いてるの。『もう入れていいですか』『まだです!』って。鍋奉行だから」
三?「しかももう1回きいてたからね。『もう野菜入れていいですか』って」
長「野菜はあのタイミングだよ!」

岡「長野君とつきあったら絶対太らされそうだよね(笑)」
↑「付き合った人を太らせそう」だったかも。
井?「長野君て、自分が食べるのも好きだけど、人に勧めるのも好きでしょ」
長「あーそれもあるね。すすめて『おいしい』って言ってもらいたい。俺動物占いコアラだから」
三「ドーブツウラナイ!?動物占いって!!今頃!?(笑)だいぶ前に流行って、二まわりくらいしてるぜ!?」
↑ここの健ちゃんのツッコミが激しかった〜!
博も何か言ってた気がしたけど忘れました。
健ちゃんツッコミ激しかったけど、あとで「でもその気持ちもわかるよね」みたいな感じでフォローしてました。一応(笑)

☆腹筋
太る太らないの流れだったかな?
井「長野君の腹筋がむかつくんですよ!」
三?「楽屋とかでよくやってるんですけど、見てはいけないものを見てしまったみたいな」
井「あれほんとに鍛えられてるの!?顔だけじゃないの?」
長「けっこう効くんですよ!」
井「首だけ太くなっちゃったりして」
客席からやって〜!の声。しぶる博。
井「これ何回か会場でやってるんですけど、意外と盛り上がらないんですよね。みんなやってやって〜って言うんだけど、腹筋だから笑いどころがわからないの。じわじわと来るんですけどね」
根強い「やって〜!」の声
井「鹿児島コンサートの思い出が長野君の腹筋になるかもしれない」
三「会場のみんなが帰ってから、『ああ、私も腹筋やらなきゃ』って思うきっかけになるかもよ」

しょうがなくステージの真ん中に寝そべる博。
三「カメラさん、ちゃんと全身映してくださいね!頭から先まで入るように!」
足を軽く曲げてあげて、顔を小刻みに動かす感じで腹筋する博。
カメラの方を見て側筋?も披露。
すっごい真顔でやってて面白く、客席大盛り上がりです。
井「今までで一番受けてる!!」
長「俺の腹筋、鹿児島には通用することがわかりました!」

☆カレーカツ
井「楽屋でもね、あの店がおいしいとか言うと皆盛り上がるんですよ。ただ、剛だけは入ってこないね」
長「剛は食に全然興味ないでしょ」
森「ないですね!」
井「好きな食べ物は何なの?」
森「それね〜、一番困る質問なんだよね…」
三「あれでしょ?カツ」
森「え?」
三「いつも頼んでるじゃん」
森「そうだっけ?…でも頼んでるかも。カレーカツとか」
井「カレーカツ!?カツカレーはカツの下にカレーだから、カレーカツならカレーの下にカツが入ってるってこと?(笑)」
森「でもまあ男の子はカレー好きですからね」
井「カレーが嫌いなやつはいないだろ(笑)」

☆酒話
井?「森田君はお酒飲めませんよね」
森「俺、ザルだぜ!」
三「舐めてるだけだろ(笑)」
長「俺も剛も飲めないんだけど、剛がなぜか俺の分まで梅酒注文してくれるの」
森「梅酒舐めないと(飲めないと?)腹を割って話せないですからね」
井「二人はおしゃれに梅酒ですけど、この人(坂本君)ガッツリ芋焼酎ですからね」
坂「私の血は芋焼酎でできております」
井「川島なお美かよ!お湯から入れるんですよね」
坂「香りが引き立つんですよね〜」
↑坂本君の顔がアップになったんですが、なんかイケメン系悪役のディズニー映画キャラが悪巧みする感じの顔になってました(笑)

剛ちゃんが飲んでるのがいつもコーラで、コンサートのドリンクもコーラで、
「一汗書いた後のコーラは最高だね!」って言ってたのもこのへん…か…?

☆坂本君…
みんなコンサート終わった後ご飯食べたりしてるけど、坂本君はホテルにいるという話。
井「ホテルで何食べてるの?」
坂「何?何って…本日のパスタとか…」
坂「みんなで食べに行くときって、ホテルに戻ってから10分後に集合とかじゃないですか。もう戻っちゃうとだめだね。根を張っちゃって」
井「コンサート後すぐ集合にしないと」

博が「坂本君には酒とつまみだけ与えとけばいいんですよ!」って言い放ってたのもこの話題の時か??

☆歌いたい
井「岡田君、どうしたんですか?」
岡「俺、歌いたい!」
井「ゲド戦記風に言うと?」
岡「俺…歌いたい」
大盛り上がりの会場に、あんま変わんないだろ!と照れる岡田(笑)


☆1人V6
前説のために出てきたイノ。
井「はいどうも僕が出てきたのはね、ちょっとわけがあるんですよ。でしゃばったわけじゃないですからね。えりも片方出ちゃってるけどね。これ気をつけてるんだけどどうしても出てきちゃうんですよね」
↑確かに赤スーツの中のシャツ襟が片方だけ出てるイノ(笑)
井「今回の長野君のソロは僕が作詞作曲して…」といつもの解説。
最初の襟トークが長めだったので、説明しきらないうちに博が出てきました。
井「俺から見ると長野君が4人いる(笑)」
メインモニター、左右のモニター、本物の博で4人ですね。
カメラさんが博を正面からとらえると、博が映った画面の中に博が映った画面が映って…と合わせ鏡のような状態になります。
そこで博が手を動かすと、後ろの博が一瞬遅れて動くためにアニメーション?のような状態に。
肩から身体を回すと、よくある一列に並んで順番にぐるぐるしていくやつのようになります。
長「こんな技隠してたんだ!」
井「これ使えるんじゃない?ダンサーいっぱいいるように見せかけて。僕ら6人だけでやってますからね」
けっこう本気で「使えそう!」って雰囲気になってた二人に、こういうところから次の演出のヒントとか得るのかな〜って思いました。
プロの目をしてましたよ。

どんどん青白くなってく画面博に「3番目のやつが長野君の死んだ時の顔だぜ(笑)」とイノ。
なんかの怪談が元ネタかと思ったよ。
ちなみにメジャーなのは「合わせ鏡の13番目に映る顔が自分の死に顔」みたいです。

つぼみソングのというタイトル、博が「つぼみ」って言葉が使いたくてタイトルつぼみにしようと言ったら、イノが「よし、つぼみソングだ」とソングを付け加えたらしいです。
あと、博の前でイノが
「僕は長野君の素直な歌声が昔から大好きで…」
と言ってたので博が照れて反応に困ってたのがかわいかったー。

井「昔から、長野君がカラオケでB'zを歌ってたときから俺は長野君の歌声が好きだった!」
長「ほんとに昔ですね(笑)」
井「イスの上でレディナビゲーション♪って歌ってたときから!」

--------------------------------------
ほんと、記憶がかなり酒でとんだのでいつにも増して前後しまくり、会話の流れがわからない適当レポですみません…。
思い出したらまた何か。