読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KinKi YOUコンサート@東京ドーム/デビュー11周年日

行ってきました〜東京ドーム!
すごく、愛にあふれていた(笑)
二人ともかわいくて最高でしたもう。
髪の短い二人、かわいすぎる。

特に剛は、ドラマ中ということもあってか、冬コン時定番の「冬眠準備か!」ってくらいの肉の蓄えが少なくて、わたくし感無量でした。
剛の上半身裸を、目をそらさずに見られるのなんて何年ぶり…(おおげさ)
何をしていても「かわいい!」と言ってしまう…どうかわいいのかうまく表せたらいいのですが、脳天を直撃する言葉が「かわいい」なんだからしょうがない!
ドラマ、撮影大変みたいです。でも、ちょっと感謝…。

MCで印象深かったのは、堂本兄弟でも言ってた、剛の友達のミュージシャンがドラムカウントを間違えた話。
面白かったんだけど、確かに面白かったんだけど、光一さんが「それ面白いよな〜。その話でごはん10杯くらい食えるわ」とかなんとか言ってからぐんぐんテンションがあがって、実際にドラムセットを使って実演までしてみせる剛が一番面白かったです。
光一さんがのってきてくれると、嬉しいんだろうな!
「いやいや、客置いてきぼりじゃん!」と思いつつ、ほわっとした気分になりました。
ま、いつものことです(笑)

以下本編ネタバレ感想

本編の中でツボだったのは、Natural thangとSince 1997の、米倉つながりマッシュアップ
Natural〜の振りは、新しいのになっていて、光一さんのどすこいが見られなくて残念でしたが…(笑)
(「ねえいいだろ〜♪」で光一さんが手を前に突き出して腰を落とし、足をばたばたさせる振りが「どすこい」って感じだと思ってそう呼んでいる)

あとは、ジェットコースターロマンスPVの、アテレコ!
これ死ぬほど笑った。
二人がPVに、勝手にセリフをつけちゃってます。
剛が社員、光一さんが社長という設定らしい(笑)
光一さんは社長らしく声も低めに作ってます。



(剛、家の中で起きる)
剛「あかん!寝坊してしもた」

(光一、車の中で起きる)
光「今日は剛君とのバカンスや〜」

(剛走り出す)
剛「社長との約束に遅れてまうわ〜」

てな感じで、PVに沿って二人の声&テロップが流れます。

剛「遅れたら社長怒るやろうな」
光「剛君はもう着いて待ってるかもしれへんな」
剛「とりあえず、走りながら脱ごう、おいしょ〜い(脱ぐ)」
光「わしも急がな。走りながら脱ごう。おいしょ〜い(脱ぐ)」
剛「やっと着いた〜〜!鬼怒川温泉!」(←もちろん、PV内では海です)
光「着いたで〜!鬼怒川温泉!」
剛「あっ、社長!」
光「なんや、今ついたんか?」
剛「いえ、一時間前から来てて、僕、景色見てました!」
光「よし、じゃあ、温泉はいるか!」

(海の中ではしゃぐカット)
光「やっぱり、温泉はええな〜」
剛「アルカリ性が効きますね〜」

(砂浜へ戻るカット)
光「は〜、すっかりのぼせてもうたわ〜」

(砂浜で休むカット→PV最後の、剛が家の中で目覚めるカットへ)
剛「なんや、夢か…なんであんな夢…ん?」
剛「これは、す、す、す、砂…!?」

(光一さん車の中で目覚める)
光「そういえば今日は休日やった…」
光「これは…す、す、す、砂…!?」



このあと「ピッピピッピッピ〜!(ホイッスル)」で歌が始まったんでしたっけ?
これ、PV見ないとさっぱりわかりませんよね(笑)
うろ覚え&いんちき関西弁で申し訳ありません。
明日また行って来て補完したい。

全体的に、非常に楽しくて、満足度の高いコンサートだったのですが…1点あげるとすれば、もっと、いつもの冬コンと違う感じが欲しかったな〜というのがありますね。
けっこう定番と言うか、「最近聞いたな…」って曲が多く、更に中盤、2〜3曲ずつで流れが切れちゃったりしますからね。
もっとこのまま盛り上がりたいぜ〜!ってところで切っちゃうとか〜〜もったいない。
光一さんは、「KinKiファンはおとなしいから…」って言うけど、元気な曲を途切れなくまとめてくれる箇所があってもいいのに〜と思います。

今回は久々の年末年始以外の全国ツアーってことで、今までKinKiコンに来たことない人がいるだろうという想定のセットリストなのかな。
でも、正直、もう少し「これが来たか!」っていうのが欲しかった。
負けたらアカンとか…(笑)
デビュー前の曲でもいいし、アルバムの中でソロで歌っていた曲を、全然違うアレンジにして二人で歌うとか…。
ABCEあたりは夏に出たアルバムだし、そっからもっととってくれたりしてもいいのに〜。
まあ、ツアーは秋ごろまで続きますし、私が「夏」ってところに期待しすぎたのかもしれないです

てなわけで、二人に関してはものすごく良かったんだけど、セットリストにはもうちょっと今後への期待が残る、そんな感じ。