読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「殺人者」初日

舞台

なんかここ最近忙しかったなー(^ ^;)
そんな中「殺人者」行ってきました!
舞台の初日ってはじめてですよ。

ネタバレにならないところから。
カーテンコールでは全員が出てきてくれました。
3回目くらいになっても拍手が止まずに健ちゃんが一人で出てきたんだけど、他の人たちもおいで!って呼んで、他の出演者の方々が「えっいいの?」って感じで出てきたのがおかしかった。
最後の最後かな?健ちゃんがセットのドアの中に入ってっちゃったのが超かわいかったです。
真ん中の健ちゃんがにこっと笑うだけで客席の空気がきゅんっとなるね(笑)

web特典の記念品もキュンキュンですよ〜。
そして健ちゃんはもう色んな角度からファンを理解してるね。

舞台の内容に関して言えば、難しかったーってのが最初の感想でしょうか。
ストーリーがわかってスッキリ!っていうものではないですね。
もちろん、「こうこうこういうことがあってこうなった」っていうのはあるんですけど、すべてが最後まで語られずほのめかしほのめかし…。
色々な意味がちりばめられてると思うけど、それを一回でつなぎ合わせるのが難しい感じです。

その中で印象に残っているのは「暗闇」です。
本当に真っ暗になるんですよー。
その中に浮かび上がるふたりの姿にすごい吸引力を感じてぞくぞくしました。
後から思い出してはじわじわ来る舞台です。

ファン的な面から言うと、健ちゃんの妹がMEGUMIってとこが違和感だった(笑)
実際も健ちゃんのが年上なのね…み、見えない。
でも珍しい健ちゃんの「兄」っぷりは必見です。
健ちゃんの役(マサル)は言葉遣いが普段の健ちゃんを強調したような雰囲気で、つまり「普通の」若者風というか。
舞台とか本ではあまり使われないような(もしくは記号として使われる)「超○○なんだけど!」「マジ馬鹿じゃねえ?」みたいな言葉が健ちゃんの口から出るととても自然。
まあ「あまり使われないような」って私が観るやつで使われてないだけかもしれないですが。
それから今回も健ちゃんは魚関係のお仕事でしたね〜(前回見てないけど)。
なんか縁があるのか!?

あとは松本紀保さんが好きになりました。
今まで全然知らなくて、あの芸能一家であの位置ってどうよ?とか思ってたらすいませんなんかすごい迫力ある人でした。
なんかまたこの人を舞台で観てみたいと思いましたよ。