読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャニーズ楽曲大賞2009

もう締め切られましたが、ジャニーズ楽曲大賞2009に応募してきました。
下記は自分の投票結果です〜

◆楽曲部門
1位 Honey (20th Century)
投ぱっと聴くと「かわいい歌だな〜トニがこんなにアイドル全開の曲を歌うなんて(笑)」と思うのですが、会場で聴いて、一緒に歌っているうちにこの歌の包容力に気がつくようになりました。これは、トニくらいの年齢層だからこそ説得力のある歌なんだな〜と。アラフォーアイドルが本領発揮した歌だと思います。

2位 愛・革命 (滝沢秀明
すべてを超越していました。ファンじゃない人にも大好評でした。街中でイントロが流れると絶対にニヤニヤしてしまうしカラオケでも歌いたくなる魔性の歌でした。

3位 スワンソングKinKi Kids
この歌は、踊りもついて名曲になった…と思います。ところどころにある正しく「シンメトリー」な振り付けが好きでたまりませんでした。コンサートでは、イントロでキャー、踊りだしてキャー、光一がつよしの肩を押してキャー、向かい合ってキャー…という普段おとなしいキンキ担からみると珍しいくらい歓声を引き出していたのが印象的でした。

4位 Hello-Goodbye (Coming Century)
全編通して、特に励まされるような歌詞でもないのに、なんか明るくなれる歌です。ポジティブさがいいのかな?2009年で一番ipodでまわってた曲かもしれないです。この歌を聴くと「カミセンの歌声って本当に奇跡のバランス!」と思わずにはいられません。

5位 雨の弓 〜Ameno-yumi(剛紫
仕事をしながら何気なくアルバムを聴いていたのに、この曲がかかったら急に意識が曲から手放せなくなり、仕事が全然手につかなくなりました。特に中盤からのドラマチックな展開は何回聴いてもドキドキします。

◆PV部門
GUILTY (V6)
久々に「この6人って超かっこいい!!」と思ったPVです。ダンスが映える!

◆未音源化楽曲
よかった… (坂本昌行&井ノ原快彦)
トニセンコンサートの映像コント(?)「長野の秘密」の途中で歌ってたミュージカル調の曲です。コントの中のものなのに、二人ともさすがのキャリアを感じさせる歌声で、悪ノリはここまで本気だから面白いんだ!と思いました。(会報にこの名前で載ってたからあってるはず…)

◆現場部門
Coming Century「We are Coming Century Boys」
6年ぶりのユニットコンで、ファンの期待も大きい中「今のカミセン」を存分に見せてくれたコンサート。なんか、非常に構成が洗練された印象を受けました。でも別に淡々としてるとかではなくて、自然体に盛り上がれる。なんでこんなに楽しいんだろ!?って思いながら完全燃焼したコンサートです。

◆自担部門
長野博


なんか、面白みのない投票結果ですみません…
愛・革命はどなたの回答にも入ってるみたいで、すごい影響力!笑
未音源歌曲はKis my callingがあった…!とあとから気づいたけど、もう投票し終わってました。
それにしても私はいつまで2009年を振り返っているのか!?