長野博Jr.時代 (1) 1986年・入所と初仕事

長野博のJr.時代にとても興味があります。

V6になってからもいろいろあったとは思うのですが、やはり彼らのJr.時代の先の見えなさは独特の緊張感があり、またインターネットなどでの記録が残っていなくてそれぞれのインタビューなどから断片を拾うしかない。何か、歴史を掘り起こしているような感覚になるのです。

どこかで1万字インタビューでもしてくれたら…と思いつつV6もデビューして18年、今更Jr.時代だけにフォーカスしてくれる媒体はそうないと思うのです。いつかそんな機会が来るときまで、いろいろなエピソードの断片を集めて再構築したいな〜というオタク意識が高じて今回このような記事を書いています。

まあ長野さんと言いますか、平たく言えばトニセンです。長野博を中心とした、トニセンのJr.時代。長野さんはSMAPよりTOKIOより、なんなら光GENJIより事務所入りがはやいのにデビューまでの時間がとてもかかっていることでジャニヲタ間では有名です。また、少年倶楽部プレミアムで言われていたように、あまり自分から「これがやりたい!」というタイプではない。そんな彼がジャニーズを辞めずにデビューまでたどりついた軌跡を追いたいと思います。

本当は、面白いエピソードだけを抜いてまとめた方が良いと思うんですけど…目的が「断片的なエピソードを集めて再構築」なものですから、ねっとりたどっていきます。また、基本的に私は当時の資料などをあまり持っておらず、空気もよくわからず、生で見たこともありませんので、もっと詳しく知ってるよ! という方がいたらぜひお声がけください…。

1972年10月9日〜

簡単に事務所に入る前の長野さんを。長野さんは1972年10月9日、神奈川県の自転車屋さんの次男として生まれました。上には8歳年上のお兄さんと、5歳年上のお姉さん。末っ子だったので、かわいがられていたみたいです。小学生の時には野球のチームに入っていたり、マウンテンバイクのチームに入って大会に出たり、運動神経はもともと良かったみたい。中学ではサッカー部に所属していたそうです。

1986年1月〜

・ジャニーズ主なできごと

4月 長野博入所

7月 城島茂入所

9月 佐藤アツヒロ入所

・世間のできごと

チェルノブイリ原発事故発生、ドラゴンクエスト発売、写るんです発売など

・トニセンのできごと

f:id:sasagimame:20140902004424p:plain

・長野さんのできごと

長野さんがジャニーズ事務所に入ったのは、1986年4月のことでした。これはSMAP~ジャニーズ WESTまでのなかで一番早い入所であり、なんなら、光GENJIの年下組よりも早いくらい。「超兄さん(by井ノ原さん)」「長野どんだけ古いか! (by中居さん)」*1と、ジャニーズ内でも驚かれているほどなのです。ちなみにこの年に生まれたのがKAT-TUN亀梨和也、NEWS増田貴久…亀ちゃんまっすーが生まれたときからジャニーズ所属です。

履歴書を送ったのはシブがき隊ファンのお姉さん。その頃、バク転ができないとジャニーズに入れないというイメージがあったものの、少年隊の錦織さんが番組で「バク転できなくても応募してください!」と言ったことで「博でも大丈夫じゃん」と履歴書を送ったそうです。お姉さん、弟のジャニーズ入りをかなり狙っていたのではないかと思われます。

履歴書を送ってから1カ月ほどして届いたA4の紙には、面接の日時や場所が指定されており、長野さんはジャニーズへの一歩を踏み出すこととなります。面接では何を聞かれても「できません、ありません」ばかりで、社長に「君は何もできないね」と言われてしまった長野少年*2ですが、その後「じゃ、今日レッスンやってく?」ときかれているので、見込みありと思われていたのでしょうか。

そうして声をかけてもらったのにも関わらず「僕、ちょっと家遠いんで、電車なくなっちゃうんで、見てきます」と持ち前の堅実さを発揮…テレビ朝日の第一リハーサル室で先輩たちがマイケルジャクソンの曲を踊っているのを見学して帰った長野少年は「自分にもできるのかな」と不安を覚えつつも、次の週からレッスンに通うようになりました。

入所から8カ月後の、1986年12月31日。長野さんは日本武道館で初ステージを踏みます。そのステージとは、少年隊がレコード大賞をとった時に披露した「仮面舞踏会」でした。客席にある4つのステージがレールで移動してきて一つになる中の左側に配置され、「4小節くらいしか踊っていない」とのことですが、今でもはっきりと覚えているくらいの強い体験だったそうです。

 

…と、こんな感じで1年ずつたどっていきます。どうですか気持ち悪いでしょうすみませんね…。でもエモいの書けないから、淡々と記していきますよ。すごい書き溜めてるからさくっといけ…たらいいな…。

 

・このあとの記事

長野博Jr.時代 (2) 1987年・光GENJIに引っかからなかった - over and over

長野博Jr.時代 (3) 1988年前編・初めてTV史に名を残す - over and over

長野博Jr.時代 (4) 1988年後編・栄光の平家派 - over and over

長野博Jr.時代 (5) 1989年・フェードアウト - over and over 

長野博Jr.時代 (6) 1990年・トニセンが息してない - over and over

長野博Jr.時代 (7) 1991年・専門学校、そして復帰時期の謎 - over and over

長野博Jr.時代 (8) 1992年・2年半ぶりに、ジャニーさんからの電話 - over and over

長野博Jr.時代 (9) 1993年・KinKiのバックもお仕事 - over and over

長野博Jr.時代 (10) 1994年前編・TOKIOに入りたかった坂本昌行 - over and over

長野博Jr.時代 (11) 1994年中編・ジャニーズSr.結成? - over and over

長野博Jr.時代 (12) 1994年後編・V6絵コンテの謎 - over and over

長野博Jr.時代 (13) 1995年前編・ここへ来てまさかの付き人 - over and over

長野博Jr.時代 (14) 1995年中編・メンバーによるデビューについての証言 - over and over

長野博Jr.時代 (15) 1995年後編・長野博のいちばん長かったかもしれない日 - over and over

*1:5LDK』フジテレビ/2008年11月27日

*2:『De☆View』オリコン・エンタテイメント/2008年8月号