長野博Jr.時代 (6) 1990年・トニセンが息してない

やっと90年代に来ましたね…でも長野さんは仕事してません! 

 

・主なできごと
4月 TOKIO結成
7月 少年隊『MASK』初演
8月 忍者『お祭り忍者』でCDデビュー
?月 長瀬智也入所

・世間のできごと
ティラミスブーム、イラククウェート侵攻、バブル経済崩壊

・トニセンのできごと

f:id:sasagimame:20141001203900p:plain

この年の最初にはTV番組『アイドル共和国』で「SMAP学園」というグループを結成、その中に井ノ原さんが入っていたようです。井ノ原さんはそこではじめてTVで自己紹介をしたと語っています。同時期にできたのが「城島茂バンド」…後の「TOKIO BAND」、そうですこれが現在のTOKIOの原型。そもそも城島さん、山口さん、そして元平家派の朝倉くんが結成した「JURIA」というバンドから朝倉くんが抜けて「城島茂バンド」になり、そこからジャニーさんに「TOKIO BAND」と名づけられたらしい。このTOKIO BANDが好評だったのかジャニーさんに気に入られたのか、4月にはSMAP学園選抜メンバーとして国分さん、松岡さん、小島啓さんが加入したといいます。しかし初期メンバーであるはずの山口さんはTOKIO BANDには入らず、あとから城島さんがジャニーさんに交渉してメンバーにしてもらったというので、なかなか複雑な経緯ですね。その後SMAP学園はどうなったのだろうか。

井ノ原さんが初めて雑誌に出たのも「SMAP学園」として…だそうなので、おそらくこの頃だと思われます。はりきって目一杯笑ってしまったため「笑顔が気持ち悪い」と怒られ、2年間雑誌の仕事がなかったといいます*1 。かわいそう。Wikipediaによると坂本さんもSMAP学園に属していたことになっていますが、ラジオでは否定していますね*2

長野さんの状況

一方、事務所からフェードアウトしてしまった長野さんはそのまま高校3年生に。坂本さんとは連絡をとりあっていた模様です。

長野:俺もなぜかね、フェードアウトして、1年ぐらいね、毎週なぜか坂本くんと連絡とってた
国分:ふたりともやめてんだよね?
長野:やめてんの
国分:毎週とってるの?
長野:毎週意味ないこと1時間くらい話して切るだけなんだけど。毎週話してた。なにやってんの? とか*3 

なんとなくですが「バタフライナイフ」と称され数々の伝説を持つ”マサ”時代の坂本さんと、まじめでこつこつタイプ、えーと率直に言ってどちらかといえばあまり目立たなかったのでは…と思える長野さんが、似た境遇となった復帰後ならばまだしも、辞めた直後これだけ仲が良かったんだというのはなんだかとても意外な気がします。同じように辞めてしまったJr.メンバーなんてたくさんいただろうに、この2人が連絡を取り合っていたのはなぜだったんだろう。いつのまにそこまで仲良くなっていたのかなあ。もちろん、他の人とも連絡をとってたけどみんな芸能界に戻ってこなかったから話にのぼってない…という可能性もあります。それでも仲良しだな〜という印象で。

国分さんとWデートに行ったり、坂本さんと電話したり、当時のJr.メンバーと交流があるなら、ちゃんといろいろ聞けばよかったのでは…と思ったりもするのですが。レッスンがあれば仕事がなくてもJr.として存在できるけど、レッスンがなくて仕事にも呼ばれなければフェードアウトしていくしかないのでしょうね。

坂本さんの状況

坂本さんについては、1990年6月の野球大会*4に「坂本昌行(TOKIO)」として出場する様子が映像に残っていますので、厳密に辞めていたとは言えなかったのかもしれません。「仕事が年に2回の野球大会しかなくて辞めた」*5と言っていたエピソードが、この頃のことなのかなと推測されます。高校卒業したのに、年に2回しか仕事がなかったらそりゃ大変だ…。

辞めた時のエピソードはいろいろなとこで語られておりますが、ここは夕刊フジの公式サイト「ZAKZAK」2010年の記事よりご紹介します。

「成人を前に先が見えず、不安になったんです。一生、先輩のバックで頑張るためにいるわけじゃない。上を目指したいけど、その術も知らないし、道も分からない…。ある人に相談して事務所を辞め、旅行会社に勤めました。20歳を過ぎたときでした」

 

生活の安定を求め、サラリーマンになった。満員電車に揺られて会社に向かい、タイムカードを押す。電話番やパソコンで資料を作る日々…。

 

「会社主催の“ねるとんパーティー”のツアコンをしたこともあります。フリータイムになって別室にいたら、男性の参加者が『何とかしてください』と言ってきた。会場を見ると、男女とも分かれて話してる。ゲームも用意していなかったから、フルーツバスケットをやったんですが、盛り上がらなかったなぁ」

 

「スキーツアーの出発前、雨がひどくて中止になったんです。『なんで中止なんだ』と言われ、天候不良で、と答えたら、『予測しとけ!』ってね。30分くらい、とにかく謝るだけでしたね」

いったんサラリーマン生活を送った経歴はジャニーズとしても異色中の異色です。しかし、お気づきでしょうか、「20歳を過ぎたときでした」という記述…1990年の坂本さんは19歳。結局坂本さんが辞めていた時期はいつなのか? それは次回気持ち悪いくらいにじっくり検証したいと思います。

井ノ原さんの状況

ちなみにちなみに、井ノ原さんが舞台『ぼくのシンデレラ』(1990年8月)の千秋楽、松岡さんにだまされて客席を走り回り、「あいつやばいぞ」と2カ月干されたのがこのころ。1990年のトニセン息してねえぞ!

東山:井ノ原で忘れられないのは、あれは中村シゲ(中村繁之)と一緒に舞台やってるときかな。これうちの事務所では伝説的な話になってるんですけど、松岡にだまされて、千秋楽は客席をみんな走るんだよって言ったときに、あの子はほんとにピュアで、信じたんですね。井ノ原は他の出演者がみんな勢揃いしているところを、客席に降りて1周(井ノ原さん本人いわく3周)して帰って来た。みんなにぼこぼこにされたっていうのを、きいたことがあります。

 

井ノ原:事務所的にはあいつはクビだと、おかしい! ってなったんだけど、東山くんだけが「でもそれってさ、お前やるって言われてできるか?」って言ってくれてたらしいの。「お前できるか?」って言ってくれてて、そしたら社長もころっとかわって、「やっぱあいつすごいよ」って。「あいつ呼ぼうよ」ってなって、俺は2カ月ぶりに呼ばれて。*6 

この事件は中居さんも「井ノ原バラバラ事件」として語っております*7。また松岡さんも「苦い思い出」*8と発言しており…今だからおもしろエピソードのひとつにきこえるけど、TVでもずっと言えなかったというのだから、かなり深刻な事件だったのかもしれません。本当にやばいやつだと思われていたんだろうなあ。フェードアウトした長野さん、サラリーマン生活(多分)の坂本さん、雑誌も仕事も干されてた井ノ原さん…1990年ほとんど活動していなかったこの3人が、よくぞ今一緒に舞台に立っているものだ

復帰した井ノ原さんは、この年の12月放送予定だった金八先生SPのオーディションに挑むも最終で落ちてしまい、「ジャニーズってそういうの強いんじゃないのかよ!」と思ったそうです*9。トニセンは3人とも金八オーディション受けてるんですね。TOKIOもトニセンもよく「とにかくオーディションを受けて落ちまくった」という話をしています。ジャニーズといえば無理やりキャスティングにねじこみ…!? 推されの人が優先的にキャスティングされて…!? というイメージが大きいものですが、他の事務所と同じように企画があったとき社長なりスタッフさんなりがオーディションをまわしてくることも多いのかなと思いました。

 

・これまでの記事 

長野博Jr.時代 (1) 1986年・入所と初仕事 - over and over

長野博Jr.時代 (2) 1987年・光GENJIに引っかからなかった - over and over

長野博Jr.時代 (3) 1988年前編・初めてTV史に名を残す - over and over

長野博Jr.時代 (4) 1988年後編・栄光の平家派 - over and over

長野博Jr.時代 (5) 1989年・フェードアウト - over and over

 

・このあとの記事

長野博Jr.時代 (7) 1991年・専門学校、そして復帰時期の謎 - over and over

長野博Jr.時代 (8) 1992年・2年半ぶりに、ジャニーさんからの電話 - over and over

長野博Jr.時代 (9) 1993年・KinKiのバックもお仕事 - over and over

長野博Jr.時代 (10) 1994年前編・TOKIOに入りたかった坂本昌行 - over and over

長野博Jr.時代 (11) 1994年中編・ジャニーズSr.結成? - over and over

長野博Jr.時代 (12) 1994年後編・V6絵コンテの謎 - over and over

長野博Jr.時代 (13) 1995年前編・ここへ来てまさかの付き人 - over and over

長野博Jr.時代 (14) 1995年中編・メンバーによるデビューについての証言 - over and over

長野博Jr.時代 (15) 1995年後編・長野博のいちばん長かったかもしれない日 - over and over

*1:『ザ少年倶楽部 プレミアム』NHK BSプレミアム/2009年2月15日

*2:『V6 Next Generaton』JFN/2012年7月12日

*3:『ザ少年俱楽部 プレミアム』NHK BSプレミアム/2007年9月16日

*4:'90 ABCヤングアイドル野球大会 in 甲子園球場

*5:『うたばん』TBS/1997年5月6日

*6:『ザ少年俱楽部プレミアム』NHK BSプレミアム/2009年12月23日

*7:火曜曲!』TBS/2012年8月7日

*8:TOKIO NIGHT CLUBニッポン放送/2012年9月1日

*9:V6 Next GenerationJFN/2012年8月11日